携帯決済現金化と審査と借入
現金化には様々な方法があります。即時現金化の方法をみていきます。
Menu

クレジットカード決済の仕組み 12月 15, 2018

先ずは決済における、消費者、お店、カード会社の3者の関係を見ます。

消費者はクレジットカードの利用が可能な店を選択し、その店で商品を購入する際、お金の代わりにカードを手渡したり、専用リーダーにかざしたりします。すると直後に商品を入手できるのですが、この時点で消費者は、代金をカード会社に(後日)立て替えてもらうことに同意したのです。

お店としては専用リーダーからカード会社にカード使用情報を送りさえすれば、手数料を差し引いた額が間を置かずにカード会社から入金されます。この手数料がカード会社の利得になるのです。

 消費者は立て替えてもらった金額を翌月に返済します。主に口座引き落としによります。この返済時に手数料が掛かるかどうかはオプションの利用の有無で異なります。つまり一括払いであれば手数料は掛かりませんが、分割払いやリボルビング払いを購入時に選択すれば、分割手数料を上乗せした金額を支払います。

 次に決済代行会社も交えた4者の関係を学びます。決済代行会社とは、お店とカード会社との間で各種業務を代行する会社を指します。中小企業が世界的なカード会社と直接契約するのは、能力的にも時間的にも困難です。そこで種々の手続きを請け負う決済代行会社が誕生しました。

決済代行会社が介入しているケースでは、消費者のカード使用情報は先ず決済代行会社に送られます。情報はそのままカード会社に横流しされますが、代金を立て替えてお店に入金するのは決済代行会社です(入金額は手数料を差し引かれています)。決済代行会社には後日カード会社より立て替え分が入金されます。

因みに消費者の返済相手がカード会社である点は何ら変わりません。

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です